節水型のトイレリフォームは詰まりやすくなるか

水道料金の節約のために節水型のトイレにリフォームする人は多いです。しかしこのようなトイレリフォームを行った人の中には、水の流れが以前と比較して悪くなった、急に詰まりやすくなった、という声もしばしばあります。こういったトラブルが起きる原因として、使い方に問題のある事例も少なくありません。

■サイフォンの原理を使っている

節水型のトイレで汚物が流れるのは、サイフォンの原理を利用しているからです。簡単に言うと、液体で満たした管があって、それを高い位置の水と低い位置の水につなげます。すると高い位置の水が低い位置に移動する現象です。
洗浄すると水が流れ込んでくるので水位が上がります。しかししばらくすると水位が低くなるので、これ以上水は流れません。これはどの機種でも使っているのですが、従来よりも節水型の方が効率よく原理が働くように設計されています。このため、より少ない水でも汚物をしっかり洗い流せるのです。


■流す量が多い場合には詰まりやすく

節水型の場合、通常の範囲内の使用であれば、詰まりが発生することは考えにくいです。しかし、例えば1回あたりの排泄量が多い、トイレットペーパーを大量に使用すると詰まりやすくなります。
もし心当たりのある人は、使い方を工夫したほうがいいです。例えば排せつした時点で1回水洗します。そしてトイレットペーパーを使用した後にもう1回水を流すなどすれば、1回あたりに流す量を少なくでき、詰まりリスクを低減できます。




■まとめ
節水型トイレにリフォームすることで、使用する水量はかなり少なくなります。しかし、一度に大量の排せつ物やトイレットペーパーなどを流してしまうと、詰まってしまう可能性があります。もしこのような節水タイプのトイレリフォームを検討しているのであれば、使用方法についても見直してみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ