タンクレスへのトイレリフォーム

トイレリフォームの中でも近年人気なのは、タンクレスへの交換です。従来のトイレの場合、洗浄水をためておくためのタンクが取り付けられていましたが、タンクがないスタイルのことです。給水栓から洗浄水を直接取り込んで水洗する方式となります。今までよりもコンパクトな便器にできるということで、工事を希望する人も多いです。

■タンクレスに交換するメリット

タンクレスに交換すると大きいのが、タンクがなくなる分便器を壁にくっつけるようなレイアウトにできる点です。奥行きにゆとりが出て、タンクのあるものと比較して10cm程度差ができるといわれています。
また、掃除がしやすくなるのもメリットの一つです。従来の場合、パイプなどの凹凸部分が結構あったので、掃除をしても手の届かないところがどうしても出やすかったです。しかしシンプルな形状になるので細かなところまでお手入れがしやすいです。今まで以上に効率的にきれいにできるのも人気の理由です。


■交換する前に留意しておきたい点

タンクレスへのトイレリフォームは、いろいろなメリットがある半面、注意すべきポイントもあります。それは自然災害などで停電してしまった場合です。
タンクレスの場合、リモコンを使って水洗するスタイルになりますので電力は必須です。その電気が供給されないと、水を流せなくなります。ただし機種によってはハンドルがついていて停電でも流せる、もしくは乾電池を動力源とした手動レバーを用意しているものもあります。停電時の対処法についてチェックして、どれを導入するかよく検討しましょう。


■まとめ
タンクがなくなることで、同じトイレでも以前と比較してだいぶすっきりしたという印象を抱く人は多いようです。設置されているのが便器だけになるため、掃除もしやすくなり主婦の味方になるでしょう。ただし一方で電力を動力源としますから、停電した場合にどうなるかは注意が必要です。すべてを考えて、リフォームするかどうか決めましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ